蒸気機関車 D51 96

一般型気動車 キハ35 901

従来のD50形に変わって軸重を軽減し、誕生した蒸気機関車である。当初貨物用として製造されたが、旅客列車も牽引し、実に1115両も造られ、戦中、戦後を駆け抜けたベストセラー機である。重油併燃装置を付加、集煙装置の改良を重ね、本機のように煙突後ろのドーム(砂箱と蒸気溜めが入っている)を長く伸ばしたタイプは特に「ナメクジ」と呼ばれ、日本全国を「デゴイチ」の愛称で走り廻った。夜汽車を引く蒸気機関車の遠い汽笛は今も望郷とロマンを彷彿させる。現在、JR高崎支社でD51 498が、イベント列車として復活し往年の雄姿をうかがうことができる。

●出力:1,280ps ●軸配置:1D1 ●最高速度:85km/h ●製造年月:昭和13年3月・汽車会社 ●廃車年月:昭和51年3月 ●全長:19.7m ●自重:125.1t

前の車両

次の車両

閉じる